バイアグラは服用する瞬間、勃起するわけではありません

ED患者たちが堂々と性行為に臨めるようになりました

持続力を高めるED薬バイアグラは、ケンカを効果的に防止 バイアグラの発売前は性行為前にEDが発生したり、性行為中にEDが突然起こった際に対応することのできる対策が事実上なかったので、性行為自体が悩みとなってストレスになり、さらにはEDが原因でパートナーとケンカしてしまう場合もありました。 EDとは勃起不全のことを言い、症状としては性的興奮が十分な状態になっても男性器が勃起できない障害状態になり、性生活ができなくなります。

また、性的興奮によって硬くなった男性器が途中で再び柔らかくなってしまう勃起障害の状態が起きてしまう、すなわち、中折れ状態に至ることもEDです。男性には本当に深刻な悩みとなるでしょう。

しかし、この薬の発売後にはED患者たちが堂々と性行為に臨めるようになりました。

ところがバイアグラは服用する瞬間、勃起するわけではありません。精神的なものを含む性的刺激と視覚的なものを含むあらゆる種類の性的興奮の中の一つでも、そのような性的興奮があった場合にのみ勃起を導いてくれるのです。

この薬を飲んで性的興奮があった場合、勃起はもちろん性行為の途中で硬さが弱くなる中折れと言われる症状も改善でき、硬さの持続力を維持する効果も得ることができるようになります。

バイアグラの服用のタイミングは、性行為の1時間前です。服用は空腹時に水と一緒に1錠飲みます。効果は約1時間後から現れ始めます。

国内の病院で処方されるバイアグラの種類は、有効成分量が25 mgのものと、50 mgのものがあります。100mgは国内では製造されていないので、処方してもらえません。服用は、医師が指示する数の錠剤を飲まなければならず、2錠またはそれ以上の数の錠剤を飲んではいけません。自己判断で定量以上服用すると、薬によっては深刻な危険に陥る可能性もあるので注意が必要です。薬は正しく指示に従って服用すると問題ありません。それを常に覚えておかなくてはいけません。